ポリフェノール

新鮮な素材の栄養素がそのまま!フリーズドライタイプ

今はたくさんの健康食品が販売されており、それぞれに特徴があります。
青汁もたくさんのタイプのものが販売されています。
昔は青汁をそのまま冷凍したタイプの商品しかありませんでしたが、最近では粉末やサプリメントになっていたり、味や飲みやすさ、持ち運びやすさの面で改良がされています。
そして、最近販売されている新しいタイプのものに、フリーズドライタイプのものがあります。

フリーズドライタイプと聞いてイメージが湧かない人は、インスタントの固形味噌汁を思い浮かべてみてください。
お湯やお水を注げば出来上がるタイプのものです。
このフリーズドライタイプは、急速冷凍したものを真空状態にして乾燥させて作るものです。
一番の特徴は栄養が豊富という点です。
一般的に青汁の加工では加熱をする必要があります。
青汁の原料ケールは他の野菜に比べ熱を与えてもビタミン類が壊れにくいとされています。
しかし、加熱をして、完全にビタミンを残すことは難しいのです。
フリーズドライへの加工の際には、温風での乾燥の作業がありません。
加工をするときに熱を与えないため、ビタミンがそのままの形で残せるのです。

このように、栄養価が高く、その栄養の品質も良い状態がキープできたものを飲むことができるのがフリーズドライタイプの青汁なのです。
もちろん、高い品質を維持した状態の製品を作っているため、価格は他のタイプのものよりも高くなります。
しかし、個包装されているため持ち運びやすい点、水や牛乳をかければすぐに飲める手軽な点、他のタイプより栄養価が高い点、を考えると価格が高くなるのは致し方のないことです。

価格、手軽さ、便利さ、栄養価といったものは毎日飲むにあたってとても大切なポイントとなるものです。
しかし、これは人によって優先順位が異なります
いくら質が高くても続けられなければ効果は実感できません。
自分にあったもので長く続けられるものがどのようなものかを考えた上で製品を選ぶようにしましょう。