ポリフェノール

「青汁」で作るヘルシーなケーキレシピ

一昔前までは、味もおいしくなかったですし、クセも強くてとても飲めたものではありませんでした。
最近では、粉末タイプの青汁で水に溶かして飲めるものもありますし、味も飲みやすく改良されて青汁が増えてきました。
それでも、味や匂いが苦手だったり、飲み物を作る時間が取れなかったりで毎日飲むのが大変と感じる人もいるでしょう。
職場で昼休みに飲もうと思っても、上司や同僚とのランチが入ったりすることもあり、それも難しいこともあります。
大人だけでなく、子どもに飲ませようとした場合は特に毛嫌いされて全く飲んでもらえない場合もあります。
そこで、手軽に取り入れられる方法の一つとして、青汁を食べ物に混ぜるという方法があります。

料理の中でも手軽で人気なものとして、お菓子に混ぜる方法があります。
最近、ホットケーキで作るおやつのレシピが流行しています。
ホットケーキミックスでお菓子作りをすると、面倒な手順が省け、失敗も少ないのが特長です。
お菓子作りでもっとも難しく面倒とされるのが軽量です。
様々な粉類を軽量しふるいにかける作業は面倒です。
そして、たくさんの種類の粉を用意しても、全て使いきれないことも多いものです。
ホットケーキミックスであれば、調理の際に必要な粉類がひとまとめにされており、計量を省くことができます。
また、1グラム単位での計量は計りにくく、失敗しやすいものです。
それが、すでにちょうど良い配合で粉がミックスされているので、ホットケーキミックスを用いると失敗も少なくなるのです。

では、どのようなものが作れるのでしょうか。
もっとも簡単なのは、ホットケーキでしょう。
普段の分量よりも少し多めに牛乳を入れて青汁の粉末を混ぜれば、あとは焼くだけです。
見た目の色が緑っぽくなるため抵抗があるようでしたら、他のメニューの方が良いでしょう。
パウンドケーキや蒸しパン、クッキー、ドーナッツといった日頃抹茶味で緑色のものが販売されているお菓子の方が抵抗なく食べれます。
どれも作り方はさほど難しくないので興味を持った人はインターネットでレシピを検索してみましょう。

大人の方にはいつでも持ち運び便利なサプリメントタイプの青汁もおすすめですよ。